Img_b1c85c210f92ff9d005505489a2e3cea
ほとんどお世話になることは無いと思いますが、万一予測し得ない事態に直面した場合に役立ってくれることでしょう。






植物さん、ありがとう!
Img_74bcb5221d3a121924b52c66971ef093
待合室にて絶賛配布中です。

減量食といえば、これまでは単純に主食+おから等の繊維質を混ぜて給与するのがよし、とするのが昭和脳的な考えだったと思いますが、

この製品は低カロリーというだけでなく、プロテイン含量を1.5倍ほど強化しているのでライザップ的な効果が期待できそうです。

しかも関節に優しいとされるグルコサミンや、嗜好性を高めるフレーバーまで配合されているとあって、まさに

「かゆいところに手が届く」

製品だと思われます。



かつてブラウン管テレビを殴って直し、優越感に浸っていたのが日常の私でしたが、最近の液晶は優秀すぎて、殴ったりでもしようものならひびが入って買い替えを余儀なくされます。

「平成」

ももうすぐ終わろうとしているのに、昭和のままの自分じゃあだめだと、勝手に反省している私でした・・・・



Img_3ced6e331e4d5269f7d4602f191ba76e
ワンちゃんの眼の健康をサポートする、その名もメニわんです。









ブドウ種子エキスに加え、クルクミノイドやアスタキサンチン、ビタミンE等の抗酸化成分をバランス良く配合しています。




気になる方はご相談ください。
Img_7667599b0507ce685caeb7dd33d23c87
消化酵素+乳酸菌で愛犬、愛猫のおなかの健康を守ります。

優しい成分のみですので、長期投与も問題になりません。

気になった方、ご相談ください。
Img_67b489ad2bbab95826c54ba45dbeb71e
錠剤やカプセル等の投薬を嫌がるワンちゃん、ネコちゃんに・・・

フードに混ぜても異物感で気づいてしまったり、粉にしても苦みで半分以上唾液とともに出してしまったり・・・

なかなかうまく投薬できないことが多いですよね。

少なくとも西洋医学においては病因が判明しても実際の投薬(抗菌薬や炎症止めといった、苦いものの代表)がうまくいかなければ治癒というゴールですら目指せなくなってしまうことも多いです。

そんなワンちゃん、ネコちゃんに朗報。

このデバイスを用いましょう。

先端のシリコンに挟み込んで喉の奥めがけて押し出せば意外にも簡単に投薬できる・・・はずです。


気になった方、ご相談ください。

Img_9df125f94150a3d94dc16d9cc7b44218
なかなか治癒しない軟便、食糞、異食(石、金属、プラスティック等)・・・・・


もしかしたら、酵素が不足しているからかもしれません。

心当たりのある方、どうぞお気軽にご相談ください。
Img_86a6f38127a32576352dcbb7075770a9
猫ちゃんの膀胱炎の一因に、何らかのストレスが関与しているとの報告がなされています。

このフードは尿路結石の予防とともに、ストレスを軽減すると期待されている成分(CLT)を配合した画期的なものです。

今のところ、ネットや大型ペットショップ、ホームセンターでも入手することはできません。

気になる方、ご相談ください。