Img_d2fb8e4dbf14cade53467d359e6d8b49
特に子犬に多いです。
Img_920e0d866ba35aa72db944ecb6da65dc
魔女の草、ヒヨスが満開です。





なかなか治癒しない慢性的な下痢にはジアルジアという寄生虫が関係しているかもしれません。

人にも感染することがあるので、怪しいと思われる場合は便をお持ち下さい。

顕微鏡でもなかなか見つけられませんが、寄生虫の成分を科学的に検出することで診断率が飛躍的にアップしました。
Img_8f3aae51a00516d2316d5231701df737
ウルシ科の低木、マスティック
Img_2dbfed7380134e605305243d9b158ac6
鳥籠の床敷にしてみました。
Img_223bde6b050309cb1a0c6ed33f0a1381
動物用ローションの原料ともなっています。



マスティックはピスタチオの一種でその幹から採取される樹脂には抗菌作用があり、原産地では

ラクリマ・クリスティ(キリストの涙)

と呼ばれ珍重されています。

薬効は多岐にわたりますが動物用としては皮膚の傷、ただれ、外耳炎、口内炎など。

舐めても安全なローションとして動物病院で処方されています。
Img_83b35641bf50bfcdb7419745b43c8602
Img_f6a8283bb717a4235d7536a5960c04d7
ミニミニエンジェルストランペット




安全性の高い乗り物酔いの薬です。


従来の薬と違って眠くならないので、旅先でも思い切り遊べますよ。
Img_02a9778ce5159fd497c3cc5f53385097
スプレータイプなので、広範囲の炎症をカバーできます。
Img_e7e812bc0ddc34b1bd3609a44ea012e0
美しすぎる雑草、ツノゲシ




アトピー性皮膚炎で悩んでいる、しかし飲み薬、注射は副作用が心配、そんなワンちゃんに朗報。

ステロイドに間違いありませんが体の表面だけに作用するので副作用は最小限、すぐに浸透して残りは揮発するので舐めても大丈夫です。

気になる方はまずご相談ください。

Img_843759cf4e73e6a13dcf3923540acde5
高速で徘徊しています。
Img_027f3d0cdfc5c80ff037cda2683ee708
これは赤い花のサボテン、ビャクダン。



今の時期にベランダのコンクリート等に大量発生する赤いダニをご存知でしょうか?

これは

「タカラダニ」

と言って花粉等を食べて暮らしているようです。

人や犬、猫には寄生しませんので、どうぞご安心ください。
Img_38710ae2e91ac6b17ff27aba33a6ac81
典型的な症状
Img_95d77ad95a03ca048968ecc9985a4491
アザミの花、きれいな雑草です。







シニア期以降、



水をやたらと飲むようになった

尿量が多い

薄毛が目立つ

お腹が張ってくる

筋力が落ちる

皮膚が薄くなる



等の症状には注意が必要です。

「クッシング症候群」

というホルモン性の病気の可能性があります。

尿検査、血液検査である程度診断可能です。

詳しくは当院にご相談ください。