Img_459bf5f7b8d9b84201acc7e00b80673b
いつも昼時になると当院の出入口に鎮座しているプチリン・・・


出入りの瞬間を狙って逃げやしないかと来院してくださる方々にご心配、ご迷惑をおかけしている次第でございます。

お家が居心地の良い限り逃げ出す理由など無いはずですが・・・

それでもなお外の世界に興味を示すのは猫さんならではの冒険心だと思いますね。

本能を抑えるのは難しいものの、去勢・不妊手術で縄張り意識は多少抑えられるでしょうし、フェロモン療法、薬物療法を試してみる価値もあるでしょう。

お家を外に負けないくらい刺激的な空間に変えてみるのもひとつでしょう。

動物病院である限り我々はどうしてもクスリに走りがちですが、もし自分が猫だったらと考えたら、本能を抑え込む治療ではなく、思い切り発散させてくれるほうが良いかなと思ってしまいますね。

気になる方はご相談ください。
Img_54a0bfd647c973b8cef3ad0343e5ac17
1日1〜3回を目安にすり込むと肉球や硬くなった皮フに栄養を与えて
潤いを保つ保護クリームです。
耐水性に優れています。
これからの暑い時期、アスファルトの道路を散歩する時に保護をしてくれますし、
寒い季節にもかさかさ肉球を保護してくれます。
3240円です。
当院おススメのクリームです。
Img_891eb6f7c2df2a11ceb1174a674ca79f
おっかさん子ネコちゃん外に飛び出していますよー。
Img_66d4f1320a08df6079b2a375d39900a2
まだお腹の中に子ネコちゃんがいた時です。
Img_23adbcedb6aa1733a8b4260a57329426
ちゃんとおっかさんしています。
6月3日の日曜日。診察が終わって入院室に行ったら…
子ネコちゃん生まれていました。
3頭生まれていました。
毛色はお母さんの色とは全く違う全員真っ黒です(笑)
ちなみに尻尾もみんな真っ直ぐです。
おっかちゃんはトイレでした排泄物を豪快にかいてよく外に出していたので
黒いかたまりはう○ちかと勘違いしてしまいました(笑)
よく見るとえ?動いてるやん!って感じでした。
日曜日の朝はほとんど食事をしていなかったのでそろそろかなぁとは思ってはいましたが
知らない間に自分で羊膜もはがして胎盤も食べてへその緒も取って…
近づくと子供に危害か加わると思うのか子ネコを守って警戒するおっかちゃん。
母親になった強さ、すごいですね。
生まれてすぐお乳を吸い始める子ネコちゃん、出産の後に子ネコのためにモリモリご飯を食べている
おっかちゃん。
生命の誕生の不思議さと尊さを改めて感じています。
最近は時々子育ても休憩して外に出てダラ〜んとしている時もあります。
そりゃずっとは疲れますよね。
子ネコちゃんは3頭とも女の子っぽいです。
昨日、当院の患者さまで先日ネコちゃんが亡くなられた方が来院され、
そのネコちゃんに使われようとして購入されていたフードやペットシーツなどを入院患者さんに使っ
下さいとわざわざ持ってきて下さいました。
昨日で亡くなって1カ月経ったとの事。色々お話しさせて頂きました。
ダイアリーを見て下さっていて子ネコちゃんが生まれた話をしました。
自分で食事を食べるようになったら家族として迎えて下さるという暖かい言葉を頂きました。
亡くなったネコちゃんは具合が悪くなっても最期まで献身的にケアをされていた優しいご夫妻の方々です。
お人柄も優しさが見てても溢れているご夫妻なので嫁ぐ(笑)子ネコちゃんはとってもとっても幸せになると思います。
まだ生まれたばかりなので迎えて頂くまではあと2カ月くらいはかかると思いますが院長を筆頭にスタッフ全員が無事に育って嫁ぐ日が来るまで責任を持って見守っていきたいと思っています。
嫁ぐ日まで楽しみに待っていて下さいね。

ありがとうございました。

と、ダイアリーを読んで下さる皆さま、いつもダラダラ長ーい文章ですいません。