Img_8b64d1d6add2fd35aaa4eb53bd4672af
沢山の年賀状誠にありがとうございました。
今年もみなみぐち動物病院をよろしくお願いいたします。

スタッフ一同
Img_693a887d1fa6063d27eb982788161310
2017年を代表する主役ハイロちゃん、ドヤ顔でうつっております。
Img_62a9f84891732f2dc934015e42fd00c3
右側からのアップ、思わず嘴のカーブに惚れこんでしまいます。
Img_7865c941969735357efaa8c14acefca7
さらなるサービス、左側からのドアップです。鼻孔の上の産毛がチャームポイントです。




こんなお茶目なハイロちゃんですが、今年から絶滅危惧種として野生個体の商取引が全面禁止となりました。

恥ずかしながら私も来院者様から指摘されてはじめてわかったのですが・・・。

今後は飼育下繁殖個体であっても海外からの輸入は困難になると思われます。

飼育鳥としては少々神経質なところもありますが江戸時代の日本画にも描かれているくらい歴史のある非常に魅力的なインコなのです。

国内ブリーダー様達の活躍が期待されます。

今後は登録なしの状態では勝手に所有権を移すことができなくなるようで、飼い主に何かあったら研究施設や動物園くらいしか行き場がなくなるようです。

ヨウムの寿命はおよそ50年以上、私がくたばる前に手続きをしておかねば。

ちなみに同じ様な画像を3枚並べたのにはちゃんとした意味があります。

それは私が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

























































単なる親バカだからじゃないでしょうか?



Img_e2797bca9791c0e2f20b414030ccd718
突然ですが・・・グルメリポーターの餅摩呂と申します。只今満腹中で正直眠いです・・・
Img_5014a10d9bd6af4405e9a79b3d596b99
・・・と言っていた矢先の餅摩呂さん、とうとう睡魔に勝てず寝てしまいました。のび太君並みのスピード。
Img_bb72fc95cb6496a2829d2f5b76d68718
今頃夢の中、「ニャニーズJr」で輝いていた頃の自分にプレイバックしているんでしょうか?とにかく、良いシエスタを!



















後で調べたら彦摩呂さんはジャニーズじゃなくて秋元康プロデュースだったんですね、ずっと勘違いしてました。
Img_eead0dd6b1e86bb7bcd50040c8e5ee89
出産を控えた外猫さんがつれてこられました、警戒心からか、ケージの中で毛布にくるまったままなかなか姿を見せようとはしません。胎児ごと子宮卵巣摘出を行う予定・・・・・・・・

















・・・・・・でしたが、妊娠中の子宮卵巣摘出は親猫にとって大きな負担となります。

なによりこの世に生を授かるはずの赤ちゃんたちの霊が浮かばれません。

というわけで、当院で出産させてから手術を行う方向に転換!

もちろん決して軽いノリで言っているわけではございません。

産まれた仔猫たちは当院スタッフにより責任をもって信頼のおける飼い主様を探させていただきます。

少々気が早いかもしれませんが、この場を借りて里親募集です・・・・・・

ただし、妊娠しているようで実際にはただのおデブだった、ということも多々ありますので、もしそうでしたらこの話はなかったことにしてくださいね。





Img_1d9aabb4b1775cc6c3ab8427983c15a0
宝塚を拠点に精力的に活動されている久保郁子先生からのいただきものです!
















この絵を眺めると残念なことがあっても気持ちがほっこりとしてきます。

大事に鑑賞させていただきます。
Img_c32b70bb1915123a09b99225040b7f35
早春をイメージしてみました。















歌劇&猫大好きカーリー様、ご無沙汰しております。

ブログ見ていただけましたら採点をお願い致します。
Img_4af5229cacde7bcf8820eb8380a84e0d
トイプードル???にしては耳がやたらとデカイ!
Img_07a66bd38b977fb7e1b14652e2bd7b2f
お口を拭いてあげようとしたら威嚇されました!なんという迫力!
Img_22bec8ff39a16a1a39af3c41ea5ce98b
実はこれ、コウモリさんです、体重8グラム、一円玉8枚分の空の妖精です。ハンドリング前後は必ず手指を消毒しましょう。











アブラコウモリは夕方の河原等でよく飛んでいるのを見かける最も身近な野生哺乳類です。勝手に飼育することはできませんが、届け出さえすれば短期間の保護に限り認められるケースが少なくありません。

この個体は片翼を怪我していたのでしばし預かることにしました。
Img_6f0fefb5b0883ee140808fdf25ba0473
これは成虫です、分泌物に毒性があるため、繁殖に用いる以外あまり利用価値はありません。
Img_b74ce802cae845882affbfe340842440
特筆すべきは幼虫、その食欲です。安納芋だって・・・・・・
Img_2cce7ed07bd906986d6b0459bc0a34fc
京都産もち豚のミンチだって・・・・・一晩もあれば跡形もなくなります。












チャイロコメノゴミムシダマシ(流通名:ミールワーム)は文字通り肉食傾向の強い小動物の餌として昔から有名ですが、同時に栄養に偏りがある生餌としても有名でした。






それもそのはず・・・





市販のものは小麦のふすまのみで培養されているためです。




しかしながら、この貪欲な性質を利用することで栄養バランスの良い食材をミールワームの消化管内に貯め込み、その状態でまるごと給餌すれば多少なりとも栄養状態の改善が期待できるはずです。

これを専門用語で「ガットローディング」と言います。


興味のある方は1%未満だと思われますが、気になる方、貴方は選ばれし方です?


どうぞお気軽にご質問ください。